理念

川崎病院
私達は患者様を家族と思い、最善の医療を提供します。

基本方針
1. 患者様主体の医療に努め、患者様の安全と生命を守り、いつでも対応します
2. 地域社会の皆様から信頼され、共感を得られる病院を目指します
3. 職員の人格と能力を尊重し、病院の発展と職員の幸せを目指します
 
 
 
 

患者様の権利と責任
川崎病院は、「患者様主体の医療」を実践するために、患者様には次の権利と責任があることを宣言します。

1.平等に医療を受ける権利

社会的地位、民族、国籍、宗教、信条、性、障害の有無などに関わらず、最善の医療を平等に受ける権利があります。

2.十分な説明と情報を得る権利

わかりやすい言葉や方法で、十分理解し納得できるまで医療に関する説明や情報の提供を受ける権利があります。

3.自己決定に関する権利

提供された情報と医療従事者の説明をよく聞き理解したうえで、自分の意志で検査や治療などの医療を受けるか受けないかを決める権利があります。

4.セカンドオピニオンを求める権利

別の医療機関の意見を聞きたい場合は、検査結果の提供を受けたり、紹介状の発行をしてもらうことができます。

5.法定代理人をたてる権利

意識の無い患者様、自己の意思を表現できない患者様、及び未成年の患者様は、インフォームドコンセントの際、患者様の法律上の権利を有する代理人(法定代理人)をたてることができます。

6.自分の受けた医療について知る権利

自分が受けた医療について知る権利があります。そのために、十分な説明を受けることができます。必要な場合には、診療記録の開示などを受けることもできます。

7.個人情報が守られる権利

診療過程における個人情報を保護され、プライバシーを侵害されない権利があります。

8.定められた規則を守る責任

他の患者様の治療や職員の業務に支障をきたさないために、入院生活に関して定められた諸規則を守る責任があります。

川﨑病院は「患者の権利宣言(リスボン宣言)」を尊重します。