平成27年度 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 21 72 27 39 90 147 301 369 444 159
当院の平成27年度年齢階級別退院患者数です。 
当地域は高齢化率が高く、退院された患者様の約76%が60歳以上であり、70歳以上の患者様にあっては、約58%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010XX970XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし  - 6.71 5.12 0 38.57
080150XX97XXXX 爪の疾患 手術あり  - 2.86 5.49 0 55.29
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし  - 5 5.86 0 29.83
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 115 61.70 28.70 0.08 86.57
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 86 47.67 21.52 0.06 81.01
07040XXX01XX0X 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病 なし 75 53.57 24.95 0.01 66.28
整形外科では、主に股関節大腿近位骨折の患者様が多く、早期に手術を行い、歩行訓練等のリハビリを行います。 
次に胸椎・腰椎圧迫骨折の患者様となっており、主にリハビリ訓練を行います。
平均年齢からみてどちらも80歳以上と高齢であり、骨粗鬆症が起因していると考えられます。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 23 25.52 14.34 0.09 83.78
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 14 46.57 21.69 0.21 85.79
110310XX99XXXX 腎臓または尿路の感染症 手術なし 14 30.29 12.60 0.14 86.29
内科では、当地域の高齢化に伴い、肺炎・急性気管支炎や誤嚥性肺炎・尿路感染症の患者様が多く、平均年齢も80歳を超えています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 30 41.83 18.08 0.03 76.3
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 16.47 10.02 0 73.53
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 13.23 7.52 0 62.54
脳神経外科では、主に脳梗塞の患者様が多く、次に頭部外傷の患者様となっています。
患者様の状態に併せて早期にリハビリテーションを行っています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343XX99X21X 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 あり  - 68.67 13.20 0 87.67
010120XX99XXXX 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし  - 7 14.25 0 64
010120XX99XXXX 特発性(単)ニューロパチー 手術なし  - 53.5 6.73 0 63
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0  - 0 0 0 1 7
大腸癌 0 0 0 0 0 2 2 7
乳癌
肺癌 0 0 0 0 0 1 1
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、内科に受診された患者様の中に癌の方がいらっしゃいます。
抗がん剤の治療や手術の適用の方は近隣の専門の医療機関へ紹介致します。また、緩和ケアに関しても専門医を紹介しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1  - 21 81
重症度 2  - 16.29 82.71
重症度 3 10 28.8 88
重症度 4  - 39 86.67
重症度 5  - 142.33 85
不明
市中肺炎とは、一般社会生活を送っている人に見られる肺炎のことをいいます。
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システムにより分類されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内  - 2 78 0
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 30 52.83 79.97 0
その他 12 38.42 74.67 0.08
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院では、点滴やリハビリ加療を行っています。
特に、在宅復帰に向けて早期リハビリを手厚く行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑なもの)  - 0 1.86 0 55.29
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上)  - 0.5 6 0 50.5
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上)  - 0.5 5.5 0 59.5
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 133 2.76 51.30 0.02 68.98
K0461 骨折観血的手術(大腿) 123 3.24 56.95 0.07 82.81
K093-2 関節鏡下手根管開放手術 87 0.62 1.79 0 70.69
当院では、専門外来として、関節症センター・手外科センターを設け、股関節、肩関節、膝関節、脊髄疾患、手・指・肘の疾患及び、スポーツなどによる障害などに分類し、専門医による治療を行っています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
 - 82.33 37.67 0.17 80.83
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術  - 6.71 36 0 84.29
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、
椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除)
 - 4 41 0 37
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)  - 1 62 1 72
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.00
異なる 1 0.00
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.01
異なる 2 0.00
手術・術後の合併症については、他院よりリハビリ目的にて紹介入院された方や、高齢化に伴い術後転倒等により人工股関節の脱臼により緊急入院となった方がいます。
更新履歴