診療のご案内

整形外科

診療内容

    【整形外科とは】

整形外科は、からだの痛み、障害に対し治療を行います。
頭や内臓が原因と考えられる場合を除き、首や背中や腰、お尻、手足の痛み、変形、痺れ、外傷、機能障害などです。

どの整形外科医も全般的に対応できますが、中でも股関節、膝関節、肩関節などの関節外科、首腰などの脊椎外科、肘、手関節などの手の外科、足の外科などを専門にしている医師がおります。
足が痛い、痺れるなどの症状があっても、腰が原因であったり、手の力が入らない、痺れるなどの症状でも手首や肘、首等が原因である場合もありますので、原因が分からない時はまず整形外科医にご相談ください。

以下大まかな分類について説明致します。
 外傷 体のどこかをぶつけた、高いところから落ちた、刃物で切ったといった怪我。打撲、捻挫、切創、切断、骨折など。
 変性疾患 加齢とともに徐々に痛んでくる病気で、主なものに変形性関節症(股関節、膝関節、肩関節、肘関節、手関節等)があります。
 脊髄疾患 首から腰までの神経の幹を脊髄といいます。椎間板ヘルニアなどが原因で脊髄神経を圧迫したりすると神経の症状が出てきます。
 腰痛症 いわゆるぎっくり腰でも腰が痛くなる原因はいろいろあります。脊椎分離症、脊椎辷り症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症など。また内臓に原因がある場合もあり、検査が必要です。
 骨粗鬆症 骨が脆く、スカスカになる病気です。骨の強さを測定できますので診察後に検査を受けてください。
 スポーツ外傷 スポーツをすることにより様々な障害を生じます。