内科

 

概要

 

曽根医師   平成9年に内科を標榜して以来、一般内科、消化器、呼吸器、代謝・内分泌、循環器を主とした診療を行っています。
特に、代謝・内分泌と循環器の分野は専門外来としても診療を行っています。
また、整形外科、脳神経外科、形成外科等へ入院された患者様の内科的な疾患の 検査や治療、手術前後の管理等もそれぞれの診療科と連携して行っています。
嚥下困難に対する嚥下訓練のリハビリと胃ろう(PEG)造設にも積極的に取り組んでおり、 QOLのアップに繋がっています。

 

内科外来患者数

2016年度
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
合計
初診
55
52
48
54
63
56
           
328
再診
746
718
699
835
768
795
           
4561
合計
801
770
747
889
831
851
           
4889
2015年度
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
合計
初診
57
63
57
56
75
45
96
202
108
69
86
80
994
再診
761
767
753
799
801
766
853
839
878
745
730
814
9506
合計
818
830
810
855
876
811
949
1041
986
814
816
894
10500