概要

 
 

臨床工学科について

臨床工学技士とは通称CEやMEと呼ばれ、医師の指示の下に『生命維持管理装置の操作及び保守管理』を行う事を業とし、国家資格を有する医療機器の専門医療職種です。医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートしています。 川崎病院の臨床工学技士は以下のような業務を行っております。

 

高気圧酸素療法での業務

通常よりも高い気圧の下で、100%の酸素を吸入させることで、血中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法です。様々な要因で低酸素状態にある患者様の治療、酸素の持つ特性を生かしての創傷治癒、神経の再生や突発性難聴にも効果が期待できます。特殊な環境での治療になりますので、安全第一で安心して治療に臨んでいただけるよう努力いたします。

呼吸療法業務

集中治療室や各病棟で、人工呼吸器やネブライザなどの酸素療法に関連する機器を使った治療から保守管理までの呼吸療法に携わり、機器の安全使用にも貢献しております。在宅酸素導入へのアドバイスやアフターフォローの窓口業務も行っております。

医療機器管理業務

生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は手術室・集中治療室・高気圧酸素治療室など医療施設の様々な分野で業務を行っております。これらにある医療機器の操作や、院内の医療機器安全管理責任者として、安全で性能が維持できるように保守管理を行い、また集中管理をすることで効率的に運用できるようにしております。

 

手術室での業務

手術室には大小さまざまな医療機器が数多くあります。手術が安全に行われる為にはそのような広範囲の医療機器の操作や、事前の管理が重要になってきます。自己血回収装置の操作や各種モニタの管理などの使用前点検・定期点検なども臨床工学技士が受け持ちます。

当院の臨床工学技士は2名体制で勤務いたしております。臨床工学技士免許のほかに3学会合同呼吸療法認定士や臨床ME専門認定士などの認定資格も取得し、知識・技術の向上も心がけております。患者さまが安全で安心の医療を受けていただくことができるよう努力してまいります。