臨床検査科

 

臨床検査科は基本理念として“待っている患者様の気持ちを思い、迅速にそして正確に”を掲げ、いつでも緊急対応できるよう臨床検査技師が毎日拘束体制をとっております。 臨床検査とは、大きく2つに分けることが出来ます。 一つは、患者様自身から得られる血液や尿といった体液を分析する検体検査。 もう一つは、患者様と直接向き合い心電図やエコーをとらせていただく生理学的検査です。 当臨床検査科では、検体検査部門に関しては貧血などの診断するための全自動血球係数装置、血清中の蛋白質や脂質、薬物濃度などの理化学的診断をするために必要な生化学自動分析装置など、たくさんの機械を駆使し採血から30分以内に結果を臨床サイドに報告できる体制を整えています。生理学的検査部門に関しては、心電図検査、各種超音波検査、各種神経生理、脳波検査などを行っています。

中央検査室

ほとんどの検査は、オーダーリングにて指示があり検査項目ごとに必要な機械へと検体を振り分け検査を行っていきます。バーコード運用を行っており取り間違いを防ぐように注意を払っています。

 

生化学自動分析装置

一時間に最大1200テストの検査を行うことが可能な、分析装置です。主に血液中の蛋白質や酵素、脂質などの検査を行っています。

全自動血球係数装置

体の防御に必要な白血球、酸素の運搬に必要な赤血球、出血を止めるのに必要な血小板。

3つの細胞の数の増減を測定する機械です。

全自動血液凝固測定装置

特殊な蛋白質を血液に混ぜることにより

血液が固まるまでの時間を測定します。

血液ガス分析装置

血液中に含まれる、酸素や二酸化炭素の量を測定します。

光学顕微鏡

血液や、尿など体液に含まれる細胞の種類や

結晶成分、微生物の存在を確認します。

 

  

 

生理機能検査室

症状によって、考えられる疾患の特定を行うため患者様自身の体を検査します。また、手術を安全に行うため事前に体に異常がないかどうかをチェックします。

 

超音波診断装置

エコーとも言われています。

音の性質を利用し、体の中に異常がないかどうかを確認していきます。

心電図検査

心臓の働きに問題がないかどうかを確認する検査です。

呼吸機能検査

肺の大きさや、力などに問題がないかどうかを検査していきます。

血圧脈波図

両手足の血圧を測定することで、血管の硬さや詰まりがないかを検査していきます。

脳波検査

頭にたくさんの電極をつけて脳の働きに異常がないかどうかを検査していきます。

末梢神経伝道速度

間接的に神経を電気で刺激し、神経の電気が流れる速さを調べていきます。